読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikatunotsubodiet’s blog

ダイエット方法の情報

ダイエット成功のカギ 失敗は無駄ではない 成功させる秘訣

どうも、最近お腹周りが気になる滝川です!

 

 

どうですか? モリモリ食べてますか?

 

 

私は仕事の関係で外食が多く、毎日モリモリ食べています。
 
 
ランチでライスを半ライスにしたりすればよいのですが、
 
半ライスにしたところで同じ金額なので、つい普通盛りの
 
ままで食べてしまいます。
 

f:id:akiotakigawa:20170322200311j:plain

 
さて、このブログでは、私のダイエットを経過を報告するブログ
 
ではなく、ダイエット情報などを載せていくブログになります。
 
 
訪問者様にとって役に立つ情報であればよいのですが...
 
 
今回のテーマは
 
「ダイエット成功のカギ」。
 

f:id:akiotakigawa:20170322202704j:plain

 
結論を先に書いてしまうと、こういう事になります。
 
 
基礎代謝の低い人はダイエット効果が薄れてしまうので、
 
代謝を良くする為に有酸素運動代謝を活発化させる。
 
 
そうすると脂肪燃焼効率が上がるので効率的に、効果的に
 
ダイエットができる。
 
 
ということです。
 
 
↓に詳しい説明を書きますので、興味があれば読んで下さい。
 
 
体重を減らすために、たびたびダイエットを開始しているものの、 
 
痩せることができなくて、中断したことがあるという方は大勢います。  
 
 
ダイエットを成功させるためには、ハードすぎる運動や、
 
体に負担のかかりすぎる食事制限などは、やるべきことではありません。
 
 
過度なストレスが精神にも肉体にも負担がかかるような
 
ダイエットをしていると、結果が出るより早く、
 
心身のほうが音を上げてしまいます。
 
 
ダイエットを成功させるためには、健康維持を意識しながら、
 
代謝の高い体質になることです。
 
 
ダイエットの効果を高めるには、体重の数字だけを見るのではなく、
 
体質の変化と、健康でいつづけることが大事です。
 
 
体内に脂肪を溜め込むことによる要因は、代謝の低い体であることです。
 
 
体質改善で代謝を高めることが、ダイエットの早道です。
 
 
新陳代謝が低い体質の人は、体の中に取り入れたカロリーを
 
エネルギーとして燃焼することが難しくなるので、
 
脂肪になる余剰カロリーが増加してしまいます。
 
 
基礎代謝が低い人が、ダイエットを行ったときしても、
 
思うように体重を減らすことはできるわけではありません。
 
 
代謝が上がらない状態でダイエットに取り組んだとても、
 
カロリーの燃焼効率がいま一つなことには変わらないため、
 
ダイエット効率は低いままです。
 
 
リバウンドをしたり、ダイエットの効果が出ない原因は、
 
体質的な代謝の低さにある可能性も高いといいます。
 
 
運動をして体に筋肉をつけると、基礎代謝が上がりますのでおすすめです。
 
 
また、酵素度リングなどを飲んで臓器の活動を高めることで、
 
カロリーがエネルギーとして分解されやすい体をつくることが
 
できるようになりますので、試してみてください。
 
 
普段から、軽い有酸素運動をする習慣をつけておくことで、
 
血流が促進して代謝が活発になり、脂肪の燃焼効率がアップして、
 
ダイエット効果が期待できるといいます。
 
 
次のテーマは
 
「ダイエット失敗は無駄ではない」。
 

f:id:akiotakigawa:20170322204627j:plain

 

結論を先に書いてしまうと、こういう事になります。

 

 

ダイエット成功している人は、失敗した時に学んだことを

 

次の機会に活用している。

 

 

ということです。

 

 

ネットなどで、ダイエット成功・失敗した人の記事を読んだりして、

 

そういうところから学ぶこともできますね。

 

 

↓に詳しい説明を書きますので、興味があれば読んで下さい。

 

 

ダイエットの成功の仕方は、案外と簡単なものです。

 

 

けれども、幾度となくダイエットに失敗しているという人もいます。

 

 

ダイエットをしていることには変わりないのに、

 

うまくいかない人と、成功する人がいる理由はどこにあるでしょう。

 

 

ダイエットを成功させるためには、うまくいかなかった時に

 

学んだことを次の機会に活用できるかどうかです。

 

 

1日に何kcalを消費すればいいのか、算出することは難しくありません。

 

 

目標体重に到達するまで燃やしたいカロリー量を日数で割るだけです。

 

 

お腹がすいて、食事制限を続けることができなかった

 

という人も、少なくありません。

 

 

ダイエット中でも食事制限をするのはつらいという人は、

 

いっそ開き直って、食べてカロリーコントロールをします。

 

 

食事を減らし過ぎずにダイエットをしたいという時は、

 

高カロリーの食事をした次の食事は低カロリーの食事を

 

するなどにしましょう。

 

 

食事内容を、何から何まで低カロリーの食材に変えると

 

大変ですから、まずは半分ずつぐらいで変えていきます。

 

 

主食を白いご飯ではなく、おかゆにするという方法もあります。

 

 

おかゆにすることで、消化もよく、白米からの

 

カロリー摂取量が少なくできます。

 

 

ダイエットのためにと食欲を抑え、苦手な運動も続けてていると、

 

反動が来ることがあります。

 

 

食材一つ一つのカロリー量についてチェックをし、

 

調理法なども調べた上で、自分にとって続けやすい

 

ダイエットプランを組むようにしてください。

 

 

一気に体重を減らすと、体に負担がかかる可能性があります。

 

 

健康状態の上でもよくないことですので、段階的に取り組むといいでしょう。

 

 

最後は

 

「ダイエットを成功させる秘訣」

 

f:id:akiotakigawa:20170322210818j:plain

 

成功するダイエットとして話題になることは多く、

 

いろいろな方法のダイエットが取り上げられています。

 

 

しかし、成功しやすいダイエットとして流行っている

 

方法であっても、失敗に終わってしまう人も少なくないようです。

 

 

痩せていることが見た目をよくする方法だと考えて、

 

ダイエットに取り組むひとはたくさんいます。

 

 

決して太ってはいないような人でも、体重を減らしたいからと

 

ダイエットをしているような人もいます。

 

 

多くの女性が、美肌や髪質を気にかける以上に、

 

体重を減らし、痩せ型になりたいと考えています。

 

 

くびれたウエストや、華奢な手足に憧れて、

 

ダイエットで体重を減らしたいという女性はたくさんいます。

 

 

ダイエットを実践した人の中で、ダイエットに成功する女性は

 

どの程度いるのでしょうか。

 

 

ダイエットを絶対に成功させるカギは何のために痩せるのか、

 

どのような自分になりたいのかをイメージして絶対に

 

痩せてやるという強い意志を持つことが一番大切です。

 

 

ちまたには数え切れないほどのダイエット方法があり、

 

どれが最もいいのか見当もつかないという人もいます。

 

 

著しく食べる量を減らしたり、ハードな運動をしすぎると、

 

ダイエットを成功させる前に体調を壊してしまう可能性があります。

 

 

ダイエット成功のポイントは、体質に合わせ、心身にストレスを

 

かけすぎずに継続できる方法にすることです。

 

 

エステやジムなど、ダイエットの専門知識を持っている人に

 

話を聞きながら自分にとって最適なダイエットプランを

 

つくることは、一人でダイエットをするよりも高い効果が期待できます。

 

f:id:akiotakigawa:20170322212931j:plain

 

有酸素運動を行い、基礎代謝を良くし、脂肪燃焼率を高める。

 

失敗しても、そこには学ぶこともあるので、

 

学んだことを次に生かす。

 

自分がどうなりたいのかイメージする(目標を決める)。

 

無理な食事制限、または運動をしない。

 

f:id:akiotakigawa:20170322220318j:plain

 

そろそろ桜の咲く時期になりました。

 

 

桜の名所なんかに足を運んで、現地でウォーキングなんて

 

いうのも気分がリフレッシュされて良いですね。

 

 

また、これは実際に滝川も通っていますが、

 

市営の温水プール、トレーニングジムに通ったりするのも良いです。

 

 

市営の所であれば1日300~500円くらいで施設を利用できますし、

 

スタッフさんにプログラムを作ってくれるところもあります。

 

 

ただ、記事でも書きましたが、無理無茶なダイエット

 

やめておきましょうね。

 

 

無茶な食事制限、無理な運動をした結果、体を壊して日常生活に

 

支障が出てしまっては、ダイエットどころではありません。

 

 

焦らず、健康的にダイエットしていきましょう。

 

f:id:akiotakigawa:20170322224514j:plain

 

今回はここまでとさせていただきます。

 

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

また次回お会いしましょう、では。